Quarterly Forecasts

戦うビジネスリーダーのための四半期予報

5 『教皇・司祭長』の意味

f:id:lighthouse7:20180402142158j:plain


▼意味

教育、信念体系、従うこと、集団への帰属、学ぶこと教えること、聴くこと話すこと、社会構造やヒエラルキーの中で働き、システムを理解すること、哲学、伝統、倫理の体系に従う、人生のすべき・あるべきに抑圧される感覚、公共性と個人の良心の葛藤

 

▼Light houseからみた見え方

第一印象は、本をよく読んでいたり、学んでたり、物静かで博識。また、会社や社会等、所属する組織の制度やシステムをよく理解されている方が多く、とても常識的な方だなという印象です。

でも、よくよくコミュニケーションをとってみると、実は話したり、書いたり、教えたりする事が得意な方が多く、一緒にいてとても勉強になり楽しい方々です。

また、家族や恋人、友人、顧客、仕事仲間など、人間関係をとても大事にされていたり、もしくはすべて完璧に見えるのに、対人関係だけ特に課題があったりする方が多い印象です。

 

▼注意点

社会構造を熟知しているがゆえに、集団に帰属する事を避け続けていたり、

学ぶことや教えること、哲学することをやらなかったりすると、いい流れが停滞するので、注意が必要です。