Quarterly Forecasts

戦うビジネスリーダーのための四半期予報

世界(2017年秋・冬)

▼全体を通しての予報 (2017年10月20日~2018年1月16日)


目先の損得よりも基盤づくりに注力する時。

f:id:lighthouse7:20171024231214j:plain


この3ヶ月は特に、ご自身やあなたのチームが出した成果を実際より低く見積ったり、物事を直接利益につながるかどうかで判断したりしがちになる傾向があります。

 

例え期待した成果が出なかったとしても、日頃から一つひとつ真摯にやっていれば、着実に前に進んでいるので大丈夫です。逆に、打算的に考えすぐに利益が出る方を選択したり、チームのメンバーやこれまで自分たちがやって来た事を軽く扱ったりすると見誤りますので注意が必要です。

 

また、この時期、もしかしたらメンバーと距離を置きたくなることがあるかもしれません。理由はなんであれ、もしかしたらそれは、逆に心を開き、歩み寄った方がいいというサインかもしれません。

 

ほとんどの人は変化する時、無意識に抵抗を感じます。“もっと痩せたい"、"もっと成長したい"、"もっとお金持ちになりたい"等願っても、なかなかやる気が起きなかったり、実際行動しなかったりする事ってありますよね。

 

より大きな変化の中にいる時程、そういった”面倒くさい”、”やりたくない”、”距離を置きたい”といった感情が沸き起こりやすいものですが、そういう場合は、逆にアクセル全開でやりきると思わぬ飛躍を遂げる事があります。

 

なのでこの時期は、メンバーと距離を置きたいと思ったときほど歩み寄れば、あなたのチームに最高の一体感や団結力が生まれる、そんな予感があるのです。

 

 

ちなみに歩み寄る際には、相手に普段は見せない自分の痛みや弱みをそっと打ち明けるといいかもしれません。相手に打ち明けた分だけ、その分相手も心を開いてくれるはずです。