Quarterly Forecasts

戦うビジネスリーダーのための四半期予報

初めての方へ

f:id:lighthouse7:20171019022102j:plain

 

はじめまして。このブログは、今まさにこの文章を読んでくださっているあなたが、望む未来を引き寄せるために、四半期毎に特に何にフォーカスを当て過ごしたらいいか、未来を予測した結果を掲載しています。

 
未来を予測するといっても、100%確実なものがない不確かなこの世界で、どんな未来になるかは当然定かではありません。不確かで、変化の激しい今の時代を生きるという事は、まるで激流の中を航海しているようなもの。コンパスも持たず方向性もわからないまま、大衆に流されることなく、沈没することなく、心の底から望む航海をするのは、非常に困難だと私たちは考えます。
 
なので、私たちがやっている事というのは、これだけ握っていたら、周囲にいたずらに流されることなく、溺れることなく、あなたが行きたい目的地の沖までたどり着けるだろうと思われる、行動指針の一つを提示しているだけにすぎません。だから、『ちゃんとあなたを目的地まで送り届けたいから、信じてつかまって欲しい』というのが私たちの本音です。
 
ですが、一つ、注意して頂きたい事があります。それは、藁にもすがる思いで、ただただ『このブログに掲載している行動指針に則っていれば安心だ』と盲目的に信じるのは間違いです。
 
『どんな未来になろうとも、自分のビジネスやキャリアを続けるし、最高のものにする。』『むしろここに書いてある以上の結果を出すに決まってるだろ!』というように、他者からの助言にいちいち左右されない軸を持っている方だけがこのブログを有効に活用する事ができます。このブログは一つの方向性を示す機能を持つ道具であって、あなたを支配する預言といった類のものではありません。老婆心ながら、くれぐれもお気をつけください。
 
それでは、これからの航海を共にできます事、楽しみにしております。
 
 
2017年10月20日 Lighthouse オーナー Catherineより
 
 
▼パーソナリティ・カードの特定方法

 以下からご自身のパーソナリティ・カードを特定して、該当ページへお進みください。

lighthouse.hatenablog.jp

 
▼ご相談はこちらから

こちらのサイトでは、各パーソナリティカード毎の全体的な流れを掲載しています。

特に自分はこの先どうするのがベストなのか、より具体的にお知りになりたい方は、

こちらから承っております。

peraichi.com

 

 

 
 
 
 

力(2018年秋・冬)

f:id:lighthouse7:20180417005355j:plain


強いリーダーシップで牽引しようとするよりも、小さな行動の原動力をみつけることで力が発揮されるとき。

 

 

長い間周囲の進捗を待つ、いわゆる『待ち』の状態が続いたり、目の前の事に追われる状態が続いたりすると、自分はそもそもなぜこんなことをしているのか、分からなくなることはありませんか。『こうしなければいけない』という自分が思い込んでる信念を含め、ルールや制約条件で、自ら自分の選択肢や可能性を狭めている、そんな状態になることがこの時期あるかもしれません。

 

そんな時に、強固なリーダーシップシップで強制的に状況打開しようとするのは、むしろ逆効果です。
『何にもしない』『何にもしなくない』そんな時でも自然と無意識にしてしまうこと、つまりあなたの行動の源になっている原動力に目を向けてみてください。

例えば休日、何もしないと決めていたのに、
好きな料理は作ってしまう、とか、身体を動かしたくなってジョギングに行った、とか、そういう些細なことでいいのです。
そういう些細な原動力を見つけ、動かすという視点で積み重ねていくと、自分も相手もチームも自社も、業界も、動かす大きな力になっていきます。

 

 

10『運命の輪』の意味

f:id:lighthouse7:20180402142158j:plain

 

▼意味
・住居・仕事・将来の展望に関する大きな変化

・一つのサイクルの終わりと新たなサイクルの始まり

・幸運と運命

・富と名声

・動き

・自分自身のヴィジョン

・ヒュブリス(うぬぼれ)

・過剰なプライド

・堂々巡りの思考

・他に選択肢がないような人生のポイント

 

 

▼Lighthouseからみた見え方

この方々は一見、明るくていつも楽しそうで、人気者という印象です。

よくよく付き合ってみると、実は見かけによらずすごく悩んでいたり、

なかなか大胆な決断ができなかったり、という一面もあります。

 

かと思えば、ステージの変わり方が他の人のそれとは違い、ガラッと180度変わっているようにも見えます。

例えば、誰よりも出世しそうなバリバリのキャリアを歩んでいたけれど、結婚した途端、家庭第一主義になったり。

ずっと日本に住んでいたかと思えば、いきなり海外へ移住したり。

 

ずっと同じような悩みを抱えているなぁと思いきや、

ひょんなきっかけから、いきなりガラっとステージが変わる。

そのふり幅が大きければ大きいほど、はたから見ていて

とてもよかったなぁという印象があります。

激動の人生を歩んでいらっしゃる方々多いので、一緒にいるととても刺激的で、ずっと末永くお付き合いしていきたい方々です。

 

 

▼注意点

思考ばかりが進むものの、行動を伴わないと流れが停滞してしまいます。

ステージが変わるタイミングで思い切った決断するか否かが、

大きな分かれ道になるので、少しでもチャンスだと感じることがあれば、

おもいきって行動してみることをお勧めします。

 

 

 

恋人たち(2018年秋・冬)

f:id:lighthouse7:20180417005355j:plain


自分・自社のポジショニングを明確にするといい時期。

 

「中心軸をみつける」という考え方があります。

これは、他者・他社を比較して、相対的にみて判断するというよりは、

自分・自社がすでに自然にとってきた行動や顧客に提供していた価値から、

自分たちの「ど真ん中」の軸を見出すという方法です。

 

その結果、意図的に差別化せずとも、自然とその領域で勝てる/または独自性が出せる、というものです。

今期は、「すでにやり続けていることは何なのか?」「それはどんな価値があるのか?」

を観察していただくことで、自分・自社のポジショニングを明確にする事をお勧めします。

 

 

それさえ間違わず、明確にした途端、新しいサイクルが回り始めます。

自然と行動が続き、おのずと顧客や成果はついてきます。

いままで様々なことがあったと思います。始めた原点やその経緯をひとつひとつ懐かしむように振り返ってみてください。

 

皇帝 (2018年秋・冬)

 f:id:lighthouse7:20180417005355j:plain
「利己・利他」まずは自分の利益を追求するといい時期。

 

 

「利己的」と聞くと、一見自分の利益だけを追求する、

自分勝手でわがままなイメージがありますが、誤解を恐れずに言うと、

今期はそれでいいです。

 

どういう事でしょうか。

「利己的」の対義語として「利他的※」という言葉があります。

(※自分の利益よりも、他者の利益や幸福を優先すること)

理想論としては「利他主義」であることは素晴らしい事ではありますが、

我々は、それだけでは長続きしないという考えです。

 

本当に持続可能な関係を目指すならば、「利己」「利他」を両立するのが必要だと思います。

なので、利他的な方は特に、「わがままはよくない」、「これは自分勝手なのではないか」と考えすぎず、もっと世渡り上手に立ち回って行く事をお勧めします。

 

その際、コツコツ誠実に積み上げていくのではなく、

もうすでにあなたには十分なリソースが揃っているのですから、

 

その十分なリソースを使って、どうしたら自分にとっての最大の利益を生み出せるのか、

いかに自分が一番楽しめる、わくわくする、自分にとっていいと思う結果につなげるかを、

考えてみてください。

よりクリエイティブな、これまでにない方法ならなおいいです。

 

今期のあなたは無敵です。応援しています。

 

 

 

 

2018年秋・冬(2018年10月7日~1月5日)の予報

f:id:lighthouse7:20180416235201j:plain


大変お待たせしました。
今期の予報をお送りします。


全体としては、「観察・考察」の流れの時期です。

 

前回の3ヵ月間は、いわいる「種まき」の時期でした。
新しい取り組みを始めたり、環境がこれまでとは変わったり、また新たな人々との出会いがあったりした方も多いのではないでしょうか。

 

その「種まき」をした結果、「芽」が出始めるものもあれば、なかなか形にならないものも多々あるかと思います。
今期は、その中でも特に今後伸ばしていった方がいい事や、注力した方がいい取り組みは一体何なのか、よくよく観察するといい時期です。

 


以下、パーソナリティカード毎の今期の流れを、

随時更新して参ります。

4. 皇帝 (2018年秋・冬) - Quarterly Forecasts

6. 恋人たち(2018年秋・冬) - Quarterly Forecasts

 7. 力(2018年秋・冬) - Quarterly Forecasts

5 『教皇・司祭長』の意味

f:id:lighthouse7:20180402142158j:plain


▼意味

教育、信念体系、従うこと、集団への帰属、学ぶこと教えること、聴くこと話すこと、社会構造やヒエラルキーの中で働き、システムを理解すること、哲学、伝統、倫理の体系に従う、人生のすべき・あるべきに抑圧される感覚、公共性と個人の良心の葛藤

 

▼Light houseからみた見え方

第一印象は、本をよく読んでいたり、学んでたり、物静かで博識。また、会社や社会等、所属する組織の制度やシステムをよく理解されている方が多く、とても常識的な方だなという印象です。

でも、よくよくコミュニケーションをとってみると、実は話したり、書いたり、教えたりする事が得意な方が多く、一緒にいてとても勉強になり楽しい方々です。

また、家族や恋人、友人、顧客、仕事仲間など、人間関係をとても大事にされていたり、もしくはすべて完璧に見えるのに、対人関係だけ特に課題があったりする方が多い印象です。

 

▼注意点

社会構造を熟知しているがゆえに、集団に帰属する事を避け続けていたり、

学ぶことや教えること、哲学することをやらなかったりすると、いい流れが停滞するので、注意が必要です。

2018年春・夏(2018年4月16日~7月12日)の予報

f:id:lighthouse7:20180416235201j:plain

お待たせしました。今期の予報をお送りします。

全体としては、「拡大・発展」の流れの時期です。

これまでやってきたことを、規模を広げ、多様なバリエーションで展開するのに、とてもよい時期です。

特に、今年2018年は「拡大・発展」の時期なので、いつもよりも威力は絶大です。

新しく何かを始めるとか、改善したりまとめたりするよりも、

「拡大・発展」させることに注力することをお勧めします。

 

以下、パーソナリティカード毎の今期の流れになります。

随時更新して参りますので、ご覧ください。

 

0.愚者(2018年春・夏) - Quarterly Forecasts

1.魔術師(2018年春・夏) - Quarterly Forecasts

2.女教皇(2018年春・冬) - Quarterly Forecasts

3.女帝(2018年春・夏) - Quarterly Forecasts

4.皇帝 (2018年春・夏) - Quarterly Forecasts

5.教皇(2018年春・夏) - Quarterly Forecasts

6.恋人たち(2018年春・夏) - Quarterly Forecasts

7.戦車(2018年春・夏) - Quarterly Forecasts

8.力(2018年春・夏) - Quarterly Forecasts

9.隠者(2018年春・夏) - Quarterly Forecasts

10.運命の輪(2018年春・夏) - Quarterly Forecasts

11.正義(2018年春・夏) - Quarterly Forecasts

12.吊られた男(2018年春・夏) - Quarterly Forecasts

 

16.塔(2018年春・夏) - Quarterly Forecasts

17.星(2018年春・夏) - Quarterly Forecasts

18.月(2018年春・夏) - Quarterly Forecasts

20.審判(2018年春・夏) - Quarterly Forecasts

21.世界(2018年春・夏) - Quarterly Forecasts

1 『魔術師』の意味

f:id:lighthouse7:20180402142158j:plain

▼意味

意識・興味の対象を絞り込む、著述(各能力)、コミュニケーション(説得する力)、魔術(暗躍する、裏でことを進める)、神経緊張、言い訳、自分の内なる庭を耕し、育む、物質界における精神の活用、すべての精神的努力、アクション、決意への自覚と集中、奇跡を現実に起す力

 

 

▼Lighthouseからみた見え方

人々を魅了するような、華やかなムードを持っている方。ステージに立つなど、人からの注目を集めれば集めるほど輝く、そんな印象があります。見る人によっては、万能な、まるでスーパーマンのようなスターに見えるかもしれません。

個人的には、一番羨ましく、嫉妬してしまう方々です。だからか、このサイトでは心なしか厳しめのアドバイスになっているかもしれないこと、予めお詫び申し上げます。ごめんなさい。笑

決して悪気があるわけじゃないんですが、人から嫉妬される程、万能感が高まり輝いている時のあなたって、もの凄いパワーがある事、ご理解頂けたら幸いです。

 

 

▼注意点
人前に出ず、内に引きこもってばかりいると、あなたにとってのいい流れが停滞するので注意が必要です。できるだけコミュニケーションを磨ける環境にい続けてください。

 

 

 

月(2018年春・夏)

f:id:lighthouse7:20180417005355j:plain

★仕事やプロジェクトが停滞しがちな時。

思うように事が運ばない時期かもしれません。
ただし、停滞を打破しようと、事業を俯瞰してジャッジしていくことよりも、
コツコツと地道に前のプロセスを踏むことが必要です。

 

多くの選択肢があり、何を選んでいいか迷った時は、過去よかった頃の経験から判断するのではなくて、より創造的な、クリエイティブな選択肢を選んでみてください。例え普段は選ばない選択肢だとしても、その事が、停滞感を打開する突破口になる予感があります。